リコンファームって必要?しなければどうなるの?

大阪関西国際空港の飛行機 旅マメ知識

こんにちわ、YOSHI(@YOSHI_FUNTRIP)です!

みなさんはリコンファームをしたことあるでしょうか?

最近はほとんどの航空会社でリコンファームは不要となっているので、あまり意識したことがないかもしれませんが、リコンファームが必要な航空会社もまだあるんです。

今回はそんなリコンファームについて紹介します。

そもそもリコンファームってなに?

ツアーを申し込んで旅行をされる方は旅行会社がやってくれているので、ほとんど気にすることはないと思うのですが、個人手配で行く場合リコンファームが必要な場合があります。

enaトラベルさんが詳しく紹介していたのでリンクさせてもらっています。参考にしてみてください。
リコンファームの要不要一覧

※情報は随時変わると思うので渡航前に確認してください!

 

ほとんどの航空会社で、現地連絡先情報を予約時に登録している場合は必要ない場合が多いですが、現地連絡先情報を登録していない、もしくはその日の宿泊先が決まってない場合は注意が必要です。

 

リコンファームとは、予約した飛行機の出発72時間前までに予約の再確認を行うことなんです。

リコンファームしないとどうなるのか?

航空会社は基本的にオーバーブッキングをしがちなんです。飛行機のチケットの種類によってはキャンセルが無料だったりするので、予約を入れても気軽にキャンセルする人もいるのです。

航空会社としては出来れば満席で飛びたいですし、キャンセルを見込んで座席数以上に予約を取ることがあります。

そんな場合に、誰もキャンセルしなかったらどうなるのか?リコンファームをしていない席をキャンセル扱いとし、他の乗客を乗せちゃうことがあるんです!

ですので、リコンファームとは、「ワタシ乗りますんで!」の意思表示のようなものです。

 

そしてオーバーブッキングとなった場合はもちろん必ず誰かが降りないと飛べません。

そのため航空会社は他のフライトに変えてくれる人を絶賛募集するわけですね。

フライトを変えてもらう代わりに旅行券だったり、宿泊費だったり、謝礼金だったりの、何かしらサービスがあります。

リコンファームしていたとしても、日程に余裕があったり変更するフライトでも問題なかったりする場合は条件によっては応じてあげるのもいいかもしれませんね?w

リコンファームの方法

リコンファームをする方法は主に、航空会社のカウンターに出向くか、電話をするかになりますが、最近はインターネットでのリコンファームが可能なところもあります。

帰りや乗り継ぎの飛行機についてのリコンファームで一番簡単なのは、現地に到着したときに空港でリコンファームしてしまうことです。

カウンターで航空券やeチケットを見せて、「リコンファーム、プリーズ!」でOKです。

 

現地で英語で電話しないといけない場合はちょっと勇気がいりますよね。

でも、相手もリコンファームなんかは慣れっこなので、電話の場合でも「リコンファーム、プリーズ!」と言えばだいたい言いたいことをわかってもらえます。その後に、日時、便名、名前を伝えればリコンファーム完了です。

 

例:Hello, Reconfirm please.  My name is [Taro Yamada]. My flight is [A1234] for [Osaka]. Departure date is [January 1st].

訳:こんにちわ。リコンファームしたいのですが。私の名前はヤマダタロウです。フライトはA1234の大阪行きです。出発は1月1日です。

※[]の部分だけ自分のものに変えてくださいね。

こんなかんじで一方的に伝えると、OK!と言われて終わります。出来そうな気がしませんか?

 

問題がなければ数分で終わることなので、旅先からリコンファームする必要がある場合も大丈夫だと思います。ホテルにお泊りの場合はフロントにお願いしてみるとリコンファームしてくれる場合があります。(チップがいる場合もあります)

 

リコンファームが必要な航空会社であっても、しなくて大丈夫だったよ!という場合も多いと思います。満席ではない場合はリコンファームしなくても問題なく乗れるからです。

なので、万が一のことを考えると、やっておいた方がいいよ、というものだと思います。

 

最近はリコンファーム不要な航空会社が多いですが、中東やアフリカ方面へ行く場合、リコンファームの有無は確認した方が良いと思います。同じ航空会社でも行先によってリコンファームが必要な場合があります。

あとミャンマーやインドの国内線もリコンファームした方が良いと現地旅行会社の人が言っていました。

情勢が少しでも不安定な国はやっておいた方が良いと思います。

予定通りにスケジュールをこなしたい場合はぜひリコンファームを!

今日乗れなかったら明日でいいか、という旅だったら問題ないのですが、帰国日に絶対帰らなきゃ!翌日から仕事が!みたいな場合は出来ることはぜひともやっておいた方がいいと思います。

(その他の事情で飛行機が飛ばない場合は別として…)

個人手配で航空券を取得した場合はリコンファームの有無を確認して、快適な旅行を楽しみましょう!

格安航空券ならこちら→スカイスキャナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました