バリから船で30分!日帰りで行ける楽園レンボンガン島!

レンボンガン島

こんにちわ、YOSHI(@YOSHI_FUNTRIP)です!

バリ島へ行ったついでに、最近流行りの「レンボンガン島」へ行ってきました!バリ島から船で30分で行ける楽園です!海が感動するほどきれいなところで、マングローブの森に癒されたり、素朴な島民の生活を垣間見たり、ありのままの自然を満喫できるところです。そんな楽園へ日帰りで行くことができるので、バリ旅なら1日はレンボンガン島へ行くことをおすすめします!

レンボンガン島が気になる人へ、バリ島からの1dayツアーの内容をご紹介します。

レンボンガン島への行き方

レンボンガン島へはバリ島のサヌールの港から船が出ています。ツアーで行くのが一般的ですが、個人的に行くことも可能です。レンボンガン島にも宿泊施設があるので、数日滞在してゆっくりビーチリゾートを満喫することも出来ます。

 

◼️個人で行く

とりあえず船には乗らないといけないので、サヌールの船乗り場までタクシーなどで向かいます。船乗り場で乗船券を買ってレンボンガン島へ行くことが出来ますが、ツアー客が大半なため個人で行く場合は出来れば前もって船の予約をした方が安心かもしれません。宿からの送迎と船のチケットだけでも日系の旅行会社や現地旅行会社で予約出来ますので、個人でふらっと行きたいなという人はそういったものを利用するのも良さそうです。日程にしばりがなければサヌールエリアに滞在して空きがあれば船に乗るというのが一番安いです。

 

◼️ツアーで行く

ツアーは日本からでも現地でもいつでも申し込めると思います。私は現地で適当にツアーを申し込もうかと思っていましたがスケジュールの都合でクタ到着の翌日に行くことになったので、現地のツアーを検討する暇もなかったためwebで申し込みをしましたが前日の夕方くらいでも予約OKでした。GWや年末年始などの繁忙期は前持って予約した方がいいかもしれません。

私が行ったツアーはシュノーケリングとマングローブの森&島内観光などの1日ツアーです。1日ツアーが12000円くらいでした。ホテル送迎と船代、ランチ、アクティビティ込みの値段です。現地のツアーの方が全然安いと思いますが、至れり尽くせりな日本人向けツアーだったので値段的には妥当なのかもしれません。ガイドは日本人ではありませんが、日本語が話せるので英語のツアーだとちょっと不安という人にもおすすめです。

また、すべて込みなので現地でお金は不要でしたが、お水やお土産物など個人的に買いたいものやオプショナルでやりたいアクティビティなどがあれば現金を持っていった方が良いです。シュノーケリングの間は鍵付きロッカーで荷物を預かってもらえます。

 

レンボンガン島ツアーはいろんなツアー会社から出ていますが、だいたい同じような内容だと思います。大きくわけて3パターンになるのですが、

・シュノーケリングやマングローブの森&島内観光のツアー

・シュノーケリングとビーチクラブ滞在のツアー

・シュノーケリング三昧ツアー

などですね。

他にも大型ボートで島には上陸せず近隣の島を巡ってのシュノーケルやダイビング三昧なツアーなどもあります。

このあたりはお好みで選んでもらったら良いと思います。ただレンボンガン島が初めてだったら島上陸のあるツアーがおすすめです!ここではシュノーケリングと島内観光のツアーを紹介します。

 

サヌールの港。ツアーの船や漁船がたくさん停泊しています。手前の大きめのボートでレンボンガンへ向かいます!このビーチの沖にあるリーフではサーファーが波乗りしています。

レンボンガン島の見ておきたい絶景ポイント6選!

ルーフトップレストランからの景色が絶景!レンボンガン島のビーチ!

船で上陸するビーチの島に向かって右側にルーフトップレストランがあります。そこからビーチが一望出来る最高のロケーションにあるレストランで、ツアーではここでランチ休憩をとります。プールもあるので食後も景色を見たり写真を撮ったりプールでくつろいだりと各々がのんびり過ごすことが出来るんです。

 

ランチは6種類くらいから選べます。こちらはナシゴレン!このツアーの良いところはランチのセットドリンクにビンタンビールも選べるところです!w もちろんおかわりは有料ですので飲む人はビール代ももって行きましょう。

マングローブの森

島の三分の一がマングローブに覆われているというレンボンガン島。ボートに乗ってマングローブの森の中の水路を周遊します。ひとたび森の中に入ると虫の音と船頭さんが漕ぐ水の音しか聞こえない、外界から遮断された世界です。マイナスイオンたっぷりで日々のストレスが癒されること間違いなしです!青や赤のカラフルなカニややどかりが出迎えてくれたりもします。ここはオプショナルでボートの代わりにSUPで回ることも出来ます。+1000円だったかな?ただ写真のように水の色が濁った茶色なので、落ちるには勇気がいるかもしれません。

美しい珊瑚に集うカラフルな魚たちと遊ぶシュノーケリング

レンボンガン島は珊瑚が豊富でカラフルな熱帯魚がたくさんいるため、ダイビングやシュノーケリング天国な島なんです。また海の透明度が高いため遠くの魚まで見ることが出来るんです!上述のマングローブの近くのシュノーケリングポイントに入るのですが、ここはドリフトシュノーケリングという方法でシュノーケリングをします。ドリフトシュノーケリングとは潮の流れにのって(流されて)移動するようなシュノーケリングです。泳がなくとも潮に流されていくので流れにまかせてゆっくり魚を観察することができます。流されるとかちょっと不安…と思う人もいるかもしれませんが、このツアーのシュノーケリングではグループごとにガイドが浮き輪をもって誘導してくれるし、乗ってきたボートも同時に移動して近くを付いてきてくれるので初心者でも安全に潜ることが出来ると思います。ただ海の状態は急に変わることもあるので、常にガイドの位置を確認しガイドの指示にしたがって安全にシュノーケリングしてくださいね。

また、レンボンガン島は日差しがきついので、シュノーケリングをする時はラッシュガードや日焼け止めは必須です!

大迫力!悪魔の涙(デビルズ・ティアーズ)

島内観光のメインはこちらの悪魔の涙!レンボンガン島へ訪れる人のほとんどが見にいくところじゃないでしょうか?自然が作りあげた断崖絶壁に外海からのうねりがぶつかり水しぶきをあげる様子はほんとに迫力があります。天気が良いとあちこちに虹が出るのも楽しみのひとつです。私が行ったときは干潮に近かったのでこのサイズでしたが、満潮の場合はもっと大きな水しぶきになるそうです。崖にロープが張ってあるんですが、これは以前はロープがなく崖のぎりぎりまで歩いて行けたので観光客が高波に流されることがありとても危険な場所だったため最近作られたそうです。満潮時でなくとも高波には気をつけて観光してください!

海の青さがきれい!秘境ドリームビーチ!

白砂がきれいな秘境ドリームビーチ!周りは岸壁でビーチは湾になっているためシークレット感あふれる秘境ビーチです。ドリームビーチにはレンボンガン島で一番人気のビーチクラブ「ドリームビーチハッツ&カフェパンダン」があり、カフェのテラス席からの景色が抜群に良いところです。またインフィニティプールもあり、宿泊客でなくとも利用できます(有料)。私はツアーで行ったのでドリームビーチを眺めるだけでしたが、次回はドリームビーチで至福の時間を過ごしてみたいと思います!

インスタ映えなイエローブリッジ

オランダの植民地時代だった頃からレンボンガン島と隣のチュニガン島を結ぶ橋があったのですが、その橋が数年前に崩壊してしまったため新しく再建されました。新しく生まれ変わって隣のチュニガン島へ行く観光客などもますます増え、ツアー客が大勢訪れる有名な観光スポットになっています。チュニガン島にはチュニガンクリフやブルーラグーンなどの絶景スポットもあるので時間があればチュニガン島へ行くのもおすすめです。イエローブリッジやその他の観光スポットをじっくり見たい人はツアーよりはレンタバイクなどで自分のペースで回る方が良いかもしれません。

次のトリップはぜひレンボンガン島へ!

バリ島だけでも見どころはたくさんあるんですが、バリ島のサヌールから船で30分!日帰りで行ける!という近距離にこんな素敵な島があるのなら行くしかありません!ビーチ好き、ネイチャー好きさんにはかなりおすすめ出来るところです。バリ旅を検討している人はぜひレンボンガンも検討してみてください!
 

また、ここの楽園ビーチは新婚旅行などにもおすすめです!

新婚旅行の行き先を選ぶことや複数の旅行会社を比較するのは楽しくもあるけどけっこう面倒ですよね。そんなときには無料一括見積もりを利用してとりあえずどんなプランがあるのかだけでも検討してみるのが便利です!バリ島を含めたプランや他の離島に行くプランなどいろんなプランがありますよ!
新婚旅行に迷ったら『タウンライフ旅さがし ハネムーン特集』で無料一括で見積り・プラン提案の依頼が出来ます!

インドネシアに行くならコモドドラゴンも見てみたい!という人はこちらから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました