17エンドやシュノーケリングで伊良部島・下地島の海を満喫

沖縄県宮古島:伊良部・下地島のアイキャッチ 沖縄

こんにちわ、YOSHI(@YOSHI_FUNTRIP)です!

宮古島のまわりにはいくつか離島がありますが、伊良部島・下地島も多くの観光客が訪れる人気の離島です。

宮古島本島と伊良部島が伊良部大橋で繋がったことと、下地空港に旅客便が定期就航するようになったことで、アクセスが格段に良くなった伊良部島・下地島を訪れる人が年々増えているようです。

今回はそんな宮古島で一番海がきれいだった伊良部島・下地島を紹介したいと思います。

伊良部島・下地島ってどんなところ?

沖縄県宮古島の北西に位置する伊良部島と下地島は宮古島の離島のひとつです。地図を見ると伊良部島と下地島はひとつの島のようにも見えますが、細い水路を隔てた別の島になります。伊良部島と下地島はいくつかの橋で繋がっているため、伊良部大橋が出来たことにより宮古島本島とのアクセスが良くなっています。

以前はパイロットの訓練用に利用されていた下地島空港に旅客便が就航するようになったので、今では観光客が多く訪れる人気の観光地となっています。

YOSHI
YOSHI

下地島空港はタッチアンドゴー(離発着訓練)で有名ですね!

宮古島と伊良部島をつなぐ伊良部大橋

沖縄県宮古島:宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋

日本の橋ランキングにも常時入っている伊良部大橋は宮古島に来たら一度は通っておきたい橋ですね!宮古ブルーが広がる美しい海の上を通る橋で、橋の上からでもサンゴ礁などを見ることができるほど透明感のある海の風景を楽しめるところです。

2015年に開通した伊良部大橋(全長3540メートル)は無料で渡ることの出来る橋としては日本一の長さだそうです。

YOSHI
YOSHI

こんなに絶景な橋が無料で渡れるなんてすごいと思います!

琵琶湖大橋とかいまだに有料なのにw

伊良部大橋の全景を写真に撮りたい!という人におすすめなのが、宮古島側の橋の入り口と伊良部島側の入り口に駐車スペースがあるのでそこに車を止めるとゆっくり写真撮影ができます。

午前中は宮古島側、午後は伊良部島側から撮ると逆光にならずきれいに撮ることができます。上の写真は宮古島側から撮りました!

まるで海外の秘境ビーチ!下地島の17エンド(17END)

沖縄県宮古島:下地島の17エンド

下地島空港の外周道路にある17エンドは潮の干満で表情が変わるのですが、干潮の時間が一番きれいに見られます。というのも干潮で潮が引いているときに白砂が現れるようになっているそうで、白砂のビーチを見てみたい場合は干潮の時間がおすすめです。

YOSHI
YOSHI

池間島のハート岩は干潮の時間に間に合わなかったので、17エンドは絶対に見たい!と思い干潮の時間を調べて行きました!

気象庁の潮位表はこちらから

下地空港の外周道路を歩いているとどこまでもこんなにキレイな海が続いています。17エンドはSNS映えスポットとしても人気の場所ですね!

沖縄県宮古島:下地島の17エンド

17エンドは以前は車で入れたようですが、現在は車両進入禁止となっています。下記地図のとおり17エンドに向かうと車両進入禁止の手前に駐車場があります。駐車場から先端までは歩いて15分くらいでした。

干潮時は砂浜が現れるので、水着で海に入ったり砂浜で写真撮影をしている人もいました。砂浜に降りる階段は見当たらなかったので砂浜にいる人たちはテトラから降りているのだと思います。ビーチサンダルだと滑ったりサンダルをテトラの間に落としたりしそうなのでマリンシューズ的な足に固定されるサンダルがあると良さそうです。

沖縄県宮古島:下地島の17エンド

下地空港の17エンドは想像以上に海の色がキレイなスポットでした!宮古島を訪れたら絶対行ってみてほしいと思います。

YOSHI
YOSHI

この後戻ろうとしたらスカイマークが飛んできて、運良く着陸のシーンを見られました!すごい轟音とスピードにびっくりです!

伊良部島でシュノーケリング!天然の水族館「中の島ビーチ」

沖縄県宮古島:下地島の中の島海岸

中の島ビーチは宮古島の中でも人気のあるシュノーケリングスポットです。ダイバーの人がビーチエントリーで入っていったりもするポイントです。中の島ビーチの沖の方ではシュノーケリングやダイビングのツアーのボートがけっこう入ってきていました。

中の島ビーチは岩場やサンゴが多いので浅いところでも多くの魚がいるスポットです。サンゴや多種多様な魚が見られることから天然の水族館とも言われています!

中の島ビーチは湾になっているため風の影響を受けにくく、潮の流れや波が穏やかビーチなので初心者にもおすすめです。多少風の強い日でもシュノーケリングができるので、他のビーチがダメだったときにチャレンジしてみるのもアリだと思います。

私が訪れたときも風の強い日だったのですが、ここなら風が避けれるから入れるよと教えてもらいました。

中の島ビーチは岩場やごつごつした石が多いため、遊泳やシュノーケリングをする場合はマリンシューズがあった方が良いと思います。

マリンシューズやシュノーケリングセットを持ってくるのを忘れた!という人や急にシュノーケリングすることになった!という人は、宮古島本島にドンキホーテがあるので、現地調達も可能です。ただ繁忙期は品薄で自分のサイズがない場合もあるので、できれば自宅から持っていくのがおすすめです。

YOSHI
YOSHI

私は宮古島のドンキで買ったのですが、シュノーケルセットやマリンシューズがほぼ売り切れ状態でした

中の島ビーチはまわりに駐車場がありません。ビーチ前の道路の路肩に駐車しないといけないのですが、駐車できるのがだいたい10台くらいだと思うので混雑する時期などは朝や夕方などの空いている時間を狙うのがおすすめです!

また、中の島ビーチはトイレやシャワーがありません。海から上がった後に砂を流す用にペットボトルに水を入れて持って行くとレンタカーが汚れないので便利です。

宮古ブルーを満喫できる!白砂が美しい渡口の浜

沖縄県宮古島:伊良部島の渡口の浜

伊良部島と下地島を遮る細い水路の近くで、伊良部島側の海岸にあります。伊良部大橋を渡ったT字路を空港方面へ左折して道なりに進むと渡口の浜の看板が出てくるのでわかりやすいと思います。渡口の浜は中の島海岸からだと車で10分くらいのところにあります。

渡口の浜エリアの対岸は下地島です。ここがちょうど伊良部島と下地島の間の水路です。

沖縄県宮古島:伊良部島の渡口の浜 水路側

渡口の浜は砂の粒度がとても細かくサラサラのきれいな白砂が広がるビーチで、裸足で歩くのが気持ちの良いビーチです。

トイレやコインシャワー、自動販売機、売店などがあるので、今まで訪れた宮古島のビーチの中では設備の充実したとても便利なビーチです。またカヤックやシュノーケリングなどのアクティビティも体験できるので、家族連れやグループ旅行にも人気のスポットです。

青の洞窟やウミガメと泳ぐツアーを見てみる

おまけ:リゾート感のある下地島空港は訪れるだけでも楽しい

沖縄県宮古島:下地島空港

2019年に新しいターミナルをオープンした下地島空港は定期便の就航をはじめ、各地から下地島へダイレクトに行けるようになりました。

宮古島を訪れた際には、南国のリゾート感あふれる下地空港に一度は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

☆伊良部島のおすすめリゾートホテル☆
伊良部島でも人気のサンセットスポット”佐和田の浜”が一望できるビーチフロントにあり、プライベート感のあるプール付きヴィラに滞在できるフェリスヴィラスイート伊良部島がおすすめ!

下地島・伊良部島の各スポットへのアクセス

宮古島から伊良部島へは公共のバス、タクシー、レンタカー利用となります。宮古島市街地から車で約20分です。

今回紹介したスポットは地図で見るとこんなかんじ(↓)です。中の島ビーチでシュノーケリングをしたので半日くらい滞在していました。車で観光する場合は各スポットに立ち寄るだけなら1時間くらいあれば周れそうです。17エンドは車両禁止になっているので駐車場からは歩いての観光になります。

沖縄県宮古島:下地島・伊良部島の地図
楽天トラベルでツアー・レンタカーを探す

ついでにトリップ☆下地島に興味のある人におすすめしたい、沖縄の離島のおすすめスポットはこちらから↓

☆YOSHIのおすすめトラベルグッズ☆
宮古島でシュノーケリングをするなら、近くにレンタルショップがないビーチも多いので自分用を持っていくのがおすすめです!岩場のところもあるので、マリンシューズもあった方が安全です!

次のトリップはぜひ下地島・伊良部島へ!

いかがでしたか? 宮古島のまわりにある離島にはとても美しいビーチがたくさんあります。宮古島の離島を巡ってみましたが、まるで海外のビーチのような17エンドの美しさは格別でした!

宮古島を訪れる際にはぜひ下地島・伊良部島にも立ち寄ってみてください!

Have a fun trip!

沖縄
スポンサーリンク
YOSHIをフォローする
FUN TRIP!

コメント

タイトルとURLをコピーしました