東洋一美しい海!久米島の絶景ビーチ「はての浜」!

日本

こんにちわ、YOSHI(@YOSHI_FUNTRIP)です!

久米島には東洋一美しいと言われている「はての浜」という島があります。島といっても白砂だけで出来ている無人島で、お店やシャワーなどの施設は何もありません。ただただ白い砂と透明なビーチが広がっているだけのところなのですが、ここがまるで天国のように美しい島だったので、離島好きな人や海好きな人にはかなりおすすめします!

 

夏季限定で羽田空港からは久米島への直行便が出ていますが、それ以外の時期や他の空港は那覇で乗り継ぎになるのですが那覇で乗り継ぎの場合は時間があれば空港すぐ近くのリゾート「瀬長島ウミカジテラス」へチョイ寄りすることも可能です!乗り継ぎも楽しみましょう!詳しくはこちらからどうぞ。

はての浜への行き方

久米島は沖縄の那覇から飛行機で35分、フェリーで3時間のところにあります。

はての浜へ行くには久米島の港から船に乗って行きます。グラスボートという、船の底がガラスになっていて海中を見ることができる船が主流です。運が良ければ船からウミガメが見れることもあるそうです。私が行ったときはニモ(クマノミ)しか見れませんでした…それでも珊瑚に集まる魚が見えるくらい底が浅いところもあるので小さくてカラフルな魚などはけっこう見れます。あんまり底ばかり見ていると船酔いしやすいので、船酔いしがちな人は気をつけてくださいね!

 

はての浜は、マエノ浜(メーヌ浜)、ナカノ浜、ハテノ浜の3つを含めてはての浜と呼ばれています。中でもハテノ浜が一番奥にあって島の面積も一番広いです。果て感を味わうならハテノ浜へ行くツアーがおすすめです!

一般的にはての浜へは個人で行くことが出来ないため、ツアー会社が主催しているツアーで行きます。

イーフビーチホテル内にあるEEF SPORTS CLUB(イーフスポーツクラブ)や、アイランドエキスパート久米島などのツアー会社からはての浜ツアーに参加出来ます。他にもツアー会社がいくつかありますのでお泊まりのホテルで最寄りのツアー会社などを聞いてみてください。

半日〜1日のツアーやシュノーケリング付き、ランチ付き、上陸だけなどツアーにもいろいろな種類があるので、旅のスケジュールに合わせてお好みで選んでください。

 

はての浜へ行く船は、久米島の東部にある奥武島へ渡る橋の近くに「泊フィッシャリーナ」という港があり、そこから船が出ています(ダイビングの船などもここから出てました)

はての浜までは約30分です。グラスボートだと海の底を眺めたり、外の風景を楽しんだりであっという間にはての浜に着いてしまいます。

 

沖縄って、港でもほんとにすっごく海がきれいなんですよね。なんだこの色は。

 

港には海の家?的なトイレとシャワーのある売店があります。シュノーケリング用の餌(麩)も売ってます!船に乗る前のお手洗いなどはこちらで。

はての浜の絶景ビーチでシュノーケリング!

はての浜は見渡す限りの白い砂浜とエメラルドグリーンな海しかない無人島なのですが、こんなきれいな場所で各々が好きなように過ごせるなんてかなり贅沢な時間だと思います!

はての浜に上陸する際には桟橋などがなくビーチエントリーで上陸するので多少足元が濡れることがあります。ビーチサンダルなど濡れても大丈夫な格好で行くことをおすすめします。

この日は天気がちょっと微妙だったのですが、それでもこの青さ!上陸したらさっそくシュノーケリング開始です!はての浜には着替えるような場所がないので、水着は着て行くのがおすすめです。帰りもそのまま帰ることになるのでバスタオルなど大きめのタオルがあれば便利だと思います。ホテルなどでも海用のタオルをレンタルしていたりするのでタオルは忘れずに持っていってくださいね。

 

はての浜は潮の満ち引きにもよりますがわりと遠浅なビーチです。でも島から離れると潮の流れが強い場合があるためシュノーケリングの出来る区域が限られています。海に入る前にガイドの説明がありますので、遊泳区域を確認してくださいね。島に近いところでも珊瑚がたくさんあり、魚がたくさんいます!出発前に港の売店で買った餌で餌付けすると魚がすっごい集まってきます!餌は100円くらいなのでシュノーケリングをする人はぜひ買っていってください!

 

集合時間の少し前にシュノーケリングを終えて島探検へ。写真も撮りたいしはての浜を散歩もしたいし上陸側と反対の海を少しブラブラしました。歩いてすぐなんですけど、島のどこからみても海がキレイで感動します!海遊びだけでなく島を散歩しながらはての浜の風景をゆっくり堪能するのももかなり贅沢な時間だと思いました。この日は風がこちら側のビーチに向いていたのでこちら側は遊泳禁止になっていました。風がすごいとすぐ流されてしまうそうです。それでもこんなにキレイな海なのでつい入ってしまいたくなります(危ないのでダメですよ!)

また、はての浜は日光を遮るものが何もないので、晴れているときだけでなく日焼け止め、サングラス、ラッシュガードなどがあった方がいいと思います。荷物は簡易テントがある場所でそれぞれのツアーごとに預かってくれます。

また飲食出来るようなお店はありませんが、パラソルとチェアは現地で有料でレンタルできます。私は半日ツアーだったので借りる間もなく海で遊んでましたが、1日ツアーだと借りてもいいかもしれませんね。

ちなみにトイレはほったて小屋のようなトイレが島に1つだけあります。

 

何もない無人島がこんなに楽しめるとは思いませんでした!上陸だけのツアーなどで島の景色だけでも充分満喫出来ると思うのですが、こんなにきれいな海なのでぜひ海に入ってこの透明度を味わってほしいです!

次のトリップはぜひはての浜へ!

前から気になっていたはての浜へついに行くことが出来ました!ほんとうにうわさ通りの美しいエメラルドグリーンな海に感動しました!風が強く天気がいまひとつでしたが、それでも充分楽しめました!

快晴のはての浜ならどんなにきれいなんだろうか…と思いを馳せています。もう一度機会があれば行ってみたいところです。はての浜、ぜひ行ってみてください!

次回久米島の島内観光も紹介します☆

 

沖縄の離島って海外のビーチリゾートに負けないくらいきれいなところなんです!海外のビーチリゾートに行くと、「日本には沖縄があるのになんでわざわざここまで来るの?」と言われることもあるくらいです。

国内の新婚旅行の行き先で沖縄がNo1になるのもうなずけます。こんな景色見れたら一生の思い出になりますね!

新婚旅行の行き先を選ぶことや複数の旅行会社を比較するのは楽しくもあるけどけっこう面倒ですよね。そんなときには無料一括見積もりを利用してとりあえずどんなプランがあるのかだけでも検討してみるのが便利です!新婚旅行向けのビーチリゾートでもいろんなプランがありますよ!無料でプランの提案や見積もりまで出来るのでおすすめです!
新婚旅行に迷ったら『タウンライフ旅さがし ハネムーン特集』で無料一括で見積り・プラン提案の依頼が出来ます!

 

那覇空港で空き時間があれば、空港近くの瀬長島ウミカジテラスへ!

日本
スポンサーリンク
YOSHIをフォローする
FUN TRIP!

コメント

タイトルとURLをコピーしました