初めてタイに行く人におすすめ、バンコクの三大寺院!

タイ

こんにちわ、YOSHIです。

タイって、ごはんもおいしいし、雑貨もかわいいし、一度は行ってみたい国ですよね。

金ぴかな寺院や仏像、遺跡などがたくさんあって、いろいろ見て回りたいところがたくさんあります。

中でもバンコクに行ったら定番の三大寺院はぜひ見ておきたいところ!

半日や一日ツアーで回ることも可能なので、短期旅行でも見に行くことが可能です。

今回はそんなバンコクの定番観光スポットを紹介します。

暁の寺、ワット・アルン

三大寺院はチャオプラヤ川に面しているので移動は渡し船になります。100円程度で乗れるのでとてもリーズナブル!

ワット・アルンはタイ語で「暁の寺」という意味の寺院です。三島由紀夫の小説に描かれた寺院としても有名ですよね。塔の表面はカラフルな陶器が埋め込まれてモザイク模様となっていて、とてもキレイな寺院です。

高さも80mあり、塔の上からみる景色も最高です!ただ階段がものすごく急なので登り降りは気をつけてくださいね。

また、このワット・アルンは夜のライトアップがかなりキレイです。

時間があれば、昼と夜の二度行っても楽しめるところだと思います。

 

黄金の涅槃像、ワット・ポー

バンコクといえば、これ!というくらい有名ではないですか?この大きな黄金の涅槃像を見かけたことがある人も多いと思います。この涅槃像がまつられているのがワット・ポーです。アユタヤ朝時代に造られたと言われていてバンコクで最古の寺院です。ワット・ポーもチャオプラヤ川に面しているので移動は渡し船で行くことが出来ます。

※涅槃像(ねはんぞう)とは釈迦入滅の姿を描いた絵や彫像のことで、寝釈迦とも言われています。

 

涅槃像は全長46mもあり、なかなか写真に納めるのも難しいと思います。めっちゃでかい。

足の裏には仏教の世界観を表した螺鈿細工(貝殻を研磨して細工したもの)と言われる細工が施されていて、108個それぞれちがった模様が描かれていて、ついじっくり見てしまいます。

涅槃像の周りには108つの銅製の鉢があり、願い事をしながらお賽銭を入れるようになっています。お賽銭用の小銭は入り口で用意されていて、両替してくれるので興味のある人はぜひやってみてください。寄付は塔や仏像の修繕費用などになるそうです。

こんな小鉢にはいった小銭と両替してもらえます。

ワット・ポーには有名な古式タイマッサージの学校も併設されているので、タイマッサージを体験してみたいという人は行ってみてはいかがでしょうか?

金の寺院、ワット・プラケオ

ワット・プラケオはタイの王宮の敷地内にあり、王宮と寺院のどちらも観光出来るおすすめスポットです。

エメラルドの仏像が奉られているところからエメラルド寺院とも呼ばれています。金ピカな黄金の仏像や塔があり、見ごたえのある寺院です。

 

そしてここにはアンコールワットの模型もおいているんです。かなり立派な模型です。アンコールワットに感銘を受けた当時の王様が作ったみたいです。すごいですよね。

これ見てたらカンボジアにも行きたくなりますw

そんなぷちアンコールワットも楽しめるワット・プラケオはバンコクの寺院観光ではかかせないところです。

こちらもチャオプラヤ川に近いので渡し船で行くことができます。

三大寺院は渡し船で効率よく回ることが出来るのでぜひまとめて観光してほしいと思います。

バンコクに行ったら屋台メシがおすすめ!

三大寺院を観光したあとはオシャレなレストランにいくのもいいですが、一度は地元民であふれる屋台のようなローカルレストランで食事をしてみるのをおすすめします。

バンコクの中心地だと日本語メニューや英語メニューを置いているところが多いですが、置いてない場合でも店先や店内のカウンターに料理が並んでることもあるので指差しで注文できます。価格も安くておいしいので、ぜひ行ってみてください!

人気のレストランなどに行く場合は、満席になっていることもあるのでホテルから予約をして行くことをおすすめします。フロントに頼むと予約をしてくれるところもあるので聞いてみてください。

次のトリップはぜひバンコクへ!

バンコクはほんとに見どころがたくさんあって、お買い物やマッサージなどやることがたくさんあって困ります。何回もリピートする人も多いですよね。

今回は初めて行く人向けにぜひ行ってみてもらいたいところを紹介しました。バンコク気になってるんだけど、という人におすすめです。観光は、自力での移動が大変そうだなと思う場合は無理せずに半日ツアーや一日ツアーで回ってしまうのも手軽でいいと思います。

また、仏教寺院に行く場合は現地の人にとってはかなり神聖な場所なので、短パン、ミニスカートなど露出のある服装などは控えた方がいいと思います。

次の休みにはぜひバンコクに行ってみてください!

 

バンコクが気になる人におすすめの次の旅先はミャンマー!



タイ
スポンサーリンク
YOSHIをフォローする
FUN TRIP!

コメント