世界一高所にあるボリビアのラパス!おすすめ観光スポット5選!

ボリビア

こんにちわ、YOSHI(@YOSHI_FUNTRIP)です!

南米ボリビアにあるラパスという街はウユニ塩湖への玄関口でもあり、標高3600mを超える世界一の高所にある街なんです。富士山級の高さですね。

ウユニを目指して行く人には通過地点のようなところですが、チチカカ湖のあるコパカバーナや月の谷などボリビアに行ったら見ておきたい魅力的な観光スポットがあるので、ウユニ塩湖へ行く前に高山に慣れるためにも少し余裕を持ってラパスで1〜2泊出来れば安心です。そうするとさらにラパスも満喫できるのでおすすめです。

今回はそんなボリビアのラパスを紹介します。

ラパスへの行き方

日本からの直行便はないので、必ず経由便になります。日本からだとアメリカやメキシコ経由が多いです。もしくはヨーロッパ経由などでペルーのリマを経由する航路もあります。どちらにしても30時間以上はかかる覚悟が必要です。

乗り継ぎの良い航空券が取れた場合はわりとスムーズにラパスまで行けますが、航空券によっては経由地で長時間滞在する場合もあります。値段も変わってくるので、急ぎの旅かのんびりでもいいや、という旅のスタイルに合わせて航空券をゲットしてください。

経由地の空港で深夜滞在の場合は24hオープンなど空港で滞在が出来るのか、空港では寝れない!という人は近くで宿を取った方が良い場合もありますので、経由地情報も調べてみてから航空券を取った方が良いと思います。

お住まいのエリアからラパスのエルアルト国際空港まで、スカイスキャナーなどで航空券の検索をおすすめします。

スカイスキャナー

世界一の高所、ラパスで気をつけること

空路でラパスに行くには、4000mを超える富士山よりさらに高いところにエルアルト国際空港に到着します。標高が高いため、気圧が低く酸素が薄いので高山病になってしまう可能性もあります。高山病になると頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出るので水分を多めに取り、ゆっくり休んだ方が良いそうです。それ以上の症状が出た場合は病院へ行くことをおすすめします。

高山病になるかならないかは行ってみないとわかりません。他の場所で高山病になったことがある人や、高山病が心配な人はラパスで数日ゆっくり出来るようなプランにしておくことをおすすめします。

高山病にならなくとも空気が薄いので走ったりするとすぐに息切れします。坂道を歩いたりするだけでもけっこうしんどいと思うので、旅のスケジュールにはある程度余裕を持った方がいいと思います。

また、タバコを吸う人はライターにも注意が必要です。高所のため気圧が低いのでターボライター、電子式ライターは着火しずらいです。昔からあるフリント式(歯車のような銀色のヤスリ部分をジャリっと回して火をつけるタイプ)のライターの方が気圧の影響を受けにくく着火しやすいようです。

空港周辺やラパス市街地でも売っているので、お手持ちのライターが役立たずになった場合も現地で購入可能です。

ラパスのおすすめ観光スポット5選!

ラパスの中心、ムリリョ広場

ラパスの中心となる広場で、ボリビアの英雄ムリリョの銅像が中央にあり庶民の憩いの場となっています。ラパスに来たらまずはここから始まります。ラパスはボリビアの首都と思われがちなのですが、ボリビアの首都はスクレという街なんです。とはいえ、ボリビアではラパスが政治の中枢となっている街なので、一番大きい街なんです。ムリリョ広場など観光地には観光ポリスがたくさんいるので安心感があります。道に迷ったり困ったときは声をかけると親切に対応してくれます。

 

ボリビアの国会議事堂

 

サンフランシスコ寺院

白いカテドラルがかっこいい、コパカバーナ大聖堂

コパカバーナはチチカカ湖に面した街で、白亜のコパカバーナ大聖堂があるんですが、青い空に映える白い大聖堂がとてもかっこいいんです!この大聖堂はボリビアでもっとも古い祭壇があります。内部には「褐色のマリア」と呼ばれている、マリア像が飾られています。

 

近くには露店などが並ぶ通りがあり、お土産を探しながらブラブラするのが楽しいところです。

またカテドラル周辺はチチカカ湖で取れたトラウト(鱒)料理がおいしいお店が多いです。

ボリビアとペルーの国境にある、チチカカ湖&太陽の島

コパカバーナはチチカカ湖に面した街で太陽の島への拠点の街なんです。ラパスからコパカバーナへ行き、そこから船で太陽の島へ行きます。短期旅行の場合は日帰りツアーがおすすめです。太陽の島のみのツアー(半日)と、太陽の島&月の谷に行く1日ツアーがあります。ラパスの現地旅行会社でも予約出来ます。どちらかのツアーで行くなら両方に行く1日ツアーがおすすめです!

チチカカ湖は湖を挟んで、ボリビアとペルーの国境となっています。アンデス山脈に囲まれた湖で、標高は3800mほどあります。ラパス市街よりさらに高所にあります。

そんなチチカカ湖にある太陽の島は、インカ帝国発祥の地と言われています。チチカカ湖のボリビア側はボリビアでも有数の観光地です。コパカバーナから太陽の島まで船で1時間半ほどかかります。

太陽の島の観光は、着いたら島をぐるっとトレッキングして島に点在する遺跡を見たり、高台からのチチカカ湖の景色を満喫出来ます。太陽の島のトレッキングは景色も良くてめっちゃ感動ものなのですが、とにかく空気薄いので階段や坂を登ったり降りたりするのはけっこうしんどいです。それでもたどり着いた先の景色が抜群なので、疲れもふっとぶと思います!島に点在するインカ帝国時代の遺跡も見どころです。

月面にそっくりと言われるムーンバレー(月の谷)

ラパスからバスで1時間ほどのところにあるムーンバレー(月の谷)は侵食で出来た奇岩群で、月面に似ていることから月の谷と呼ばれています。

バスで行く場合はサンフランシスコ寺院前のバス停から月の谷までのバスが出ています。スペイン語はほとんどわからない!という人は運転手に月の谷に行くことを伝えておくと降りるとき教えてくれます。

その他、ホテルからタクシーをチャーターするか、ツアーで行くのも安心ですね。

月の谷の中は歩いて回るコースがあって、道標に従って歩いていくと月の谷をぐるっと見て回れるようになっています。

見渡す限りの奇岩群は圧巻です!

 

トレイルコースは15分のショートコースと45分のロングコースがあります。時間に余裕があればぜひ45分のロングコースに行くことをおすすめします!

ラパスのすり鉢状の街は夜景がキレイ!

ラパスは地形がすり鉢状になっているため、夜景がとてもきれいなところです。宿の屋上からでもこの景色!ラパス中心部から「ミ・テレフェリコ」というロープウェイで標高4000mのエル・アルトまで行くことが出来るので時間があればぜひ行ってみてください。

エル・アルトはラパスと比べてそんなに治安が良くないので、女子旅や一人旅だと昼間の観光の方がおすすめかもしれません。昼間に行ってもラパスのレンガ作りの街並みが楽しめます!

ラパスでは高いところへ行くほど貧困層の居住区になるので、中心地に近い方が治安は良いです。日本だと高台に住む人はお金持ち、みたいなイメージですがここは逆なんですね。

次回のトリップはぜひボリビアへ!

ウユニ塩湖に行くついてに寄ったラパスですが、ラパスにも見どころがたくさんあって、移動の関係で数日滞在したのですが、めっちゃ楽しめるところでした!ラパス、ウユニは酸素が薄いのでウユニ塩湖で元気に活動するためにウユニに行く前に体を慣らすのにも数日滞在するのがいいかもしれません。ウユニに行く際にはぜひラパスにも寄ってみてください!

またラパスには日本食「けんちゃん」という人気の定食屋さんがあります。短期旅行ではわざわざ行くほどではないかもしれませんが、長旅や体調不良で日本食が恋しくなったときにはおすすめの定食屋さんです!

 

一生に一度は見たい景色!ボリビアのウユニ塩湖はこちらから。

ボリビア
スポンサーリンク
YOSHIをフォローする
FUN TRIP!

コメント